那須高原ミッシェルガーデンコート

  • 2017.08.20

美術館に展示されるほど美しく繊細な本場ステンドグラスの教会

ミッシェルガーデンコートは、事前に雑誌などで調べたときには、よくある結婚式場だと思っていましたが、訪れてみたら、いい意味で期待を大きく裏切る高いクオリティでした。

那須の結婚式場の中でも特に人気の高いミッシェルガーデンコートの最大の特徴は、
何といってもイギリスやドイツから譲り受けた本物の教会設備を備えていることです。

敷地内にある4つの教会は、イギリスやドイツより譲り受けた本物のステンドグラスやパイプオルガンを備えていて、
祭壇や扉、柱に至るまで、すべて本物の教会から譲り受けたものだそうです。

\今すぐ見学予約する!/

少し分かりにくいのですが、ミッシェルガーデンコートの敷地は2つに分かれていて、

・披露宴会場+教会(1つ)+レストランの「ミッシェルガーデンコート」
・教会(3つ)+美術館の「ステンドグラス美術館」

となっています。

2つの敷地は、車で5分ほど離れた場所にあります。
なので、ステンドグラス美術館の敷地内の教会で挙式をしたら、バスでミッシェルガーデンコートまで移動することになります。

ステンドグラス美術館の建物の中には教会が2つ入っていて、

・セント・ラファエル礼拝堂
・セント・ガブリエル礼拝堂

が入っています。

どちらの教会も美術館の展示品として飾られているくらいの、繊細で壮大なステンドグラスがあります。

セント・ラファエル礼拝堂は、規模が大きくバージンロードの壁面に一面美しいステンドグラスが施されています。
パイプオルガンも大きく、美術館では1日に数回パイプオルガンの演奏が行われて観光客を魅了しています。

\今すぐ見学予約する!/

セント・ガブリエル礼拝堂はドイツの教会から譲り受けたステンドグラスだそうで、とても繊細なステンドグラスで、雰囲気も他の3つの教会と比べるとドイツっぽい(?)感じがします。

ステンドグラス美術館の敷地内には、もう一つ独立型チャペル「セント・ミッシェル礼拝堂」が建っています。
白い壁に高い天井とステンドグラスは、セント・ラファエル礼拝堂に次いで人気ある教会だそうです。

セント・マリーズ礼拝堂は、唯一披露宴会場と同じ敷地内に建っている独立型のチャペルになります。
もし、挙式会場から披露宴会場までバスで移動したくないのであれば、セント・マリーズ礼拝堂1択になります。
セント・マリーズ礼拝堂は、曲線が多く柔らかく温もりがある雰囲気になります。

セント・ラファエル礼拝堂が、バージンロードを歩く姿が一番美しいのに対し、
セント・ガブリエル礼拝堂・セント・ミッシェル礼拝堂・セント・マリーズ礼拝堂は正面にステンドグラスがあるため、一番美しいのは宣誓や違いのキスのシーンになります。

\今すぐ見学予約する!/

ステンドグラスは、太陽光が入ってくるように計算さえれて建てられていますので、
バージンロードがステンドグラスからの光で照らされる時間帯には、幻想的な雰囲気の中で挙式することができます。
どの教会でも、本格的なステンドグラスから差し込む光が美しいですよ。

ミッシェルガーデンコートのもう一つの特徴は、何といっても美味しい料理です。
普段はレストランも経営していて、地元でも有名な美味しいレストランです。

料理は味が美味しいことはもちろんですが、コスパも抜群なので、質の高い料理でゲストをおもてなしできるのは間違いありません

披露宴会場も扉や椅子に至るまで重厚感があり、他の結婚式場とは高級感が違います。
コッツウォルズ地方の建物を模倣したという外観も、まるで本物のようです。

ミッシェルガーデンコートは、那須塩原駅や那須インターからは少し遠く、車で40分ほど那須街道を山の方へ登ったところにあります。
そのため、那須らしい避暑地の気候を楽しめる立地です。

夏は涼しく、冬は雪景色の中で挙式ができます。

教会も披露宴会場もたくさんあるので、実際に見学して確かめてみるのが一番だと思います。また、お料理の試食も同時にすれば、そのレベルの高さが実感できると思いますよ。

那須の結婚式場の見学予約におすすめのサイトは、こちら↓。お得なキャンペーン詳細は公式サイトで確認してくださいね!
公式サイト ⇒【ゼクシィ】日本最大級の結婚サイト お得なブライダルフェア情報が満載


那須の結婚式場人気ランキング


おすすめ記事